≫ EDIT

テリー・ホールマン

02072012-1-ケアンズ、釣り



先月、7月14日に、ルアーフィッシングコースに参加頂いた本田さん。

ガイドはテリー・ホールマンでした。

出かけた先は、ジョンストンリバー。

写真のターポン、マングローブジャック以外にバラマンディ6匹という釣果でした。冬のバラマンディフィッシングで1日6匹というのは、なかなかのものです。



ガイドによって釣果が左右されるといのは、確かにありますね。

長年、バラマンディを釣っていれば、どんなストラクチャーにバラマンディが潜んでいるか、判りますが、それだけでは、なかなか好結果には結びつきません。

好釣果をもたらす「いいガイド」の条件として、魚が釣れる時合い、場所を心得ていて、「魚を待つ釣りが出来る」というのが、一つのポイントだと思います。


何の変哲もないバンクの前にボートを寄せて、「さ、バンクに向かってキャストして。」なんて言われて、こっちが半信半疑でキャストしていると、しばらくして、思わぬところで連続して釣れることがあります。

「テリー・ホールマン」は、ケアンズのバラマンディガイドのなかでは、そんなガイドの1人です。



02072012-2-ケアンズ、釣り


02072012-3-ケアンズ、釣り


05072012-4-ケアンズ、釣り

| 魚種:バラマンディ | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんな、いい顔してますなァ

SANY0082.jpg


毎年、11月にお越し頂く小笠原様。

昨年も、例年通り、11月にお越し頂きましたが、先日、そのときの写真が届きました。

テリー・ホールマンのガイドで」というリクエストにお応えして、2日間、デイントリーリバーでテリーと一緒に、ルアーフィッシングをお楽しみ頂きました。

今年の雨季は、例年に無く雨の降り始めが早く、11月頃には、すでに雨季の雨が始まってしまい、このときも、初日はスコールのため、早上がりをせざるを得ない状況でしたが、それでも、なんとか釣果に恵まれたようです。

しかし、3人とも、いい顔してますなァ。

羨ましくなるほど、楽しそうな顔が並んでます。

最近、よく思いますが、男って、いくつになっても遊んでいたいのもですなァ(オレだけ?)。

開口 健さんも言ってます。

「大人と子供の違いは、持っている玩具の値段の違いだけである。」



やっぱ、遊ばないと。




SANY0098.jpg


SANY0121.jpg

| 魚種:バラマンディ | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |