≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりのヒンチンブルックでした

昨日、1泊2日のヒンチンブルック釣行から帰ってきました。

6月に来てくれた神成君に同行して出かけたのですが、やっぱりヒンチンブルックは面白い!!

初日は、ケアンズ着の飛行機が遅れたため、予定より少し遅れて現地着。プライムタイムもとっくに過ぎて、満潮の状態で、かなり苦しいスタートとなりました。結局、この日はボウズ!!!

このところのボウズ記録を更新か?、と思われたのですが、朝のプライムタイムを水の上で過ごせるようにと、翌日は3時半に起床して、4時半、出発となりました。水平線がうっすらと白み始める頃からスタートフィッシングとなったのですが、潮が止まるまでの1時間は、捕食音が聞えたり、ベイトフィッシュが逃げ惑う光景は目にするのですが、バイトもなく無駄に過ごしてしまいました。

ところが、潮が上がり始めるとすぐ、シャローバンクに取り残されたマングローブで今釣行初めてのバラマンディーを1匹。これを皮切りに、バラ、マングローブジャック、コッド、おまけにいいサイズのサーモンまでバタバタと釣れて、ほんと、慌しくも、楽しい3時間が過ごせました。残念ながら最期に神成君にかかった80センチクラスのバラはあえなくフックオフでしたが、これぞヒンチンブルックといえる3時間でした。

お昼頃には潮もかなり高くなって、初日のようにウンともスンとも言わなくなってしまったので、朝、早いこともあって、ストップフィッシング。

ほんと、バラフィッシングには潮はかなり大きなウエイトを占めることを痛感した釣行でした。神成君は、よほど逃がした80(ハチマル)バラが悔しかったのか、彼のリクエストでケアンズでタックルショップに直行、明日から始まるケアンズベースの釣行に備えて、丈夫なフックを買い込んでました。

明日は、私は、再度、ティナルーでモンスターバラに挑戦です。前回の反省も踏まえてタックルの準備も万全です。別のお客様で、ヘビータックルトローリングに出かけられる方も居て、釣果報告が楽しみです。

スポンサーサイト

| 魚種:バラマンディ | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。