≫ EDIT

今回のメインタックル

ケアンズ、釣り-29112012-1


今回、メインで使用したのがこのタックル

ロッドは5フィート6インチ。10キロラインクラスのロッド。

日本では、こんなショートで、しかもヘビーなロッドはあまり見かけません。魚のバイトがあると感覚的に「カンッ」と音がしそうなほど。ラインはPEの30ポンドクラスを使用していますから、どんなに小さなバイトでも、それを感じ取ることが出来ます。

釣行初日は、普段、使っている多少ライトなロッドを使いました。そのロッドだと、魚がフッキングした途端、ストラクチャーに逃げこんでラインを巻かれてしまうということが何度かあり、2日目以降、このヘビーロッドに交換しました。

リールはシマノ、カルカッタ300D。最大ドラグ7.5キロ。

そして最も使用頻度の高かったバラマンディ定番ルアー、ゴールドボマー。色が剥げ落ちてホワイトボマーになってますが、シャローでの威力は、他のルアーを圧倒してました。

フックは、太軸のものに交換しています。もともと、浮力がかなりあるルアーなので、太軸のロッドに交換してちょうど良いくらいです。

ちなみに今回、参加者全員、バーブレスフックを使用してます。

ルアーに関しては、そのシーズン毎に、メインフィールドが異なりますから、一概にゴールドボマーがベストとは言い切れませんが、ロッド、リールに関しては、今回使用したものを標準として考えてもいいかと思います。

一年で最も大物が期待できるランオフシーズンの5月、再度メーターオーバーにチャレンジしたいと思っています。


一緒にチャレンジしたい方、誰かいませんか?


ケアンズ、釣り-29112012-2

| 魚種:バラマンディ | 23:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

買っちまいました

ケアンズ、釣り-21102012-1



買っちまいました。

ニューカルカッタ。

こちらでは「カルカッタD」という商品名で販売してます。カルカッタシリーズは、300、400は、日本では販売中止になってしまいましたが、オーストラリアでは販売は継続されてます。

これは300シリーズ。300、400は、どちらも最大ドラグが7キロです。違いは、糸巻き量だけなので、バラマンディをメインターゲットに考えれば、300で十分。これで、20キロオーバーのバラマンディも、無理なく対応できますな。

サイズは、従来のコンクエスト300とさほど変わりませんが、幅がかなり狭くなっています。そのぶん、スプールの軸径も小さくなっていて、糸巻き量は、従来の300シシリーズと変わりません。

メーカーの受け売りですが、スタードラグをハンドルの外側に配置し、スプールとハンドルとの距離を近くすることによって、ハンドル操作時のふらつきを軽減し、スムーズな巻き取りを可能にしたそうな。

庭でキャスティングしてみましたが、飛距離もかなり出せるような気がしてます。(単に、新品だから?)

11月に、ちょいと、5日間ばかり出かける予定で、10年以上使っているabuリールだと、不安なので、思わず、手を出してしまいました。

早く使いたい。


ケアンズ、釣り-21102012-2

ケアンズ、釣り-21102012-3

ケアンズ、釣り-21102012-4

| タックル | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リール、オーバーホール

ケアンズ、釣り-12092012-1


いよいよ、ケアンズ近郊で、本格的なバラマンディシーズンを迎える時期がやってきた。

シーズンインを前にして、リールのオーバーホール。

アブ、アンバサダー5600。

ケアンズ近郊では、最も使用頻度の高いリールです。

バラマンディ用には、他にコンクエスト、カルカッタ、アンタレスと一通りは持ってますが、何せ、汽水域で使用するため、定期的なオーバーホールが必要で、その手入れのし易さから、ついつい、このアブリールを手にとってしまう。

確か、これ、10年以上も前に、友人が帰国する際にと、ロッドとセットで90ドル程度で売っていたのを購入。そのときは塩噛みがひどく、スプールを回転させると、ゴリゴリ音を立ててましたが、プロのメインテナンスを受けて復活。

未だに現役で、酷使に耐えてます。

欲を言えば、もう少し、最大ドラグが欲しいところですが、メータークラスのバラマンディなら十分これで行けます。

冬の間のメーターオーバーのクイーンフィッシュもこれでしとめました。

これで、準備は万端。


あとは、腕だけだな。


ケアンズ、釣り-12092012-2

| タックル | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルアーインプレッション

ケアンズ、釣り-09092012-1


今回、ことごとくマングローブジャックを討ち取ったルアーがこれ。

オーストラリアメイドのルアーで、Killa Lure というブランドの Flatz Rat 2 というルアー。オレの中では冬のバラマンディフィッシングのマストアイテム。

汽水域での浮力は、極僅かながらフローティング気味。サスペンドさせれば、1秒で数センチ程度浮いていく。水中のストラクチャーに絡めながら、ネチネチと動かしていくには丁度いい。

フック等は交換せず、そのままオリジナルのフックを使ってます。

以前、バラマンディのパワーがどんなものか確認したくて、ヒンチンブルックに出かけたとき、65センチ程度のバラマンディーとのファイト中、サミングしてスプールをロックしてみたことがあったが、ものの見事にフックが伸されてバラマンディが逃げていったことがあった。

普通にやりとりすれば、そんなこともないと思うが、フックの強度はそれなりです。

このピンクカラー、かなり効く。蛍光イエローもよく使ってます。



それと、今回始めてく使ったのが、同じく Killa Lure の新製品で、2 Deadly。

ゴールドボマーより浮力が少なく、シャローミノーとして、バラマンディ狙いのスロートゥイッチングでも、青物狙いの早巻きでも、どちらでも使えそうなルアーです。

大物バラマンディにどうなのか、試してみたいところ。


ケアンズ、釣り-09092012-2

| タックル | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GTロッド

ケアンズ、釣り-31082012


自宅の近くにある、ブランスフォードタックルショップという釣具屋に修理を依頼していたGTロッドが帰ってきた。

このショップ、以前は自社ブランドのロッドの製造も行っていた釣具屋で、仕上がりも新品同様。

このロッド、主にレンタル用に使っていて、初心者の方の慣れないキャスティングで、第一ガイドにラインが絡まってしまうというトラブルが頻発。

結局、前回の釣行で、ついにガイドがめくれ上がってしまった。


レンタル用に使用しているので、こういったトラブルはつき物ですが、なかなかアドバイス通りに行かないこともあり、目の前でロッドが壊れてしまうと、「いいですよ。気にしないで下さい。」なんて言いながら、かなり落ち込んでしまう。

| 魚種:GT | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT