≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウエイパ釣行 DAY3 「ゴチバトル、1敗1分け」




ゴチバトル2日目。

この日も、ハイリバーのチャネルへ。

開始早々、いきなりメーターオーバーが!!!








ルアーに何かが当たったと思った一瞬、なにやら真っ白なものが翻ったように見えたので、悪い予感がしたんですけどねェ。

でも、ファイト早々、後ろで見ていたガイドのジェイソンとダイシは、「これは確実にメータークラスだ!!」って騒いでるし、ファイトしてるこっちも、単なる思い過ごし?、なんて、一瞬、淡い期待を持ってはみたものの、バラマンディーのようなラインが水を切るような突然のダッシュもなく、もちろんジャンプも見せず。

後ろの二人も次第に「?????」な状況でした。

で、上がってきたのが、これ。

開始早々、盛り上げてくれました。

その後、昨日と同様、釣れるのは6マル前後のサイズばかり。

結局、この日はゴチバトルはドローゲーム

12112009-4.jpg

こんな小さなチャネルにまで入り込んで釣っては見るものの、めぼしいサイズのバラマンディーには出会えませんでした。

12112009-3.jpg

この日、身に着けていたのは、ごらんの短パン。

自宅での出発前夜、衣類を準備する際に、どうやら数え間違えたらしく、ズボンの数が1枚不足しているのが発覚。

前日の釣行で、あまりサンドフライもいなかったので、この短パンをはいてボートに乗ったのですが、まさかこんな風の当たらない、マングローブで覆われたような小さなチャネルに入るとは思いもよらず、結局、午後の3時間程、こんな場所で釣りをしました。

結果、足がサンドフライに刺されまくりボコボコに。

普段、あまりサンドフライを気にしないのですが、このときばかりは、虫除けを取り出して足に擦り込んでおきました。

ちなみに、ダイシが着用していたのは、このパンツ。

ジャパニーズ コンストラクション ワーカーに一番人気のトライチパンツ。

ヒップに 「TORA」 のマークが燦然と光り輝いてます。

オーストラリアのウエイパで釣りをした日本人アングラーで、トライチパンツをはいてバラマンディーを釣ったのは、たぶんダイシが初めてです。

シブイ。

12112009-1.jpg

この日、別のボートで出船してた日本人カップルの方は、95センチを筆頭に、9マルクラスを3匹。

確か、メーターオーバーのスレッドフィンサーモンも釣り上げてたような。

なんで?
スポンサーサイト

| 魚種:バラマンディ | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウエイパ釣行 DAY2 「ゴチバトル、1敗」

10112009-3.jpg

この日から本格的なボートフィッシング。

ガイドはジェイソン。

とりあえずヘイリバーのいくつかのチャネルを攻める。

が、どうもサイズアップしない。

釣れるのは50~60センチ前後の小物ばかり。

ときどき、グッと重さのかかる魚が掛かって、「これは?」と思わせるが、重いばかりで、上げてみるとグッドサイズのコッド

それ以外にフラットヘッド、フィンガーマーク、ブリーム(クロダイ)、マングローブジャック、スレッドフィンサーモン、グランタと、いろんな魚種の魚が釣れてそれなりに楽しめるが、目的は、あくまでも大物バラマンディー

10112009-1.jpg

10112009-2.jpg


と、突然、千載一遇のチャンス。

60センチクラスのバラマンディーを連続して数匹引きずり出したストラクチャーの前で、まだ何匹か出せるだろうと思いながらキャスティングしていると、なにやら目の前に黒い物体がスススススーーーーッ、と現れる。

「え、何?、?」

「え、バラマンディー?」

「サイズ、9マルサイズだし。」

バラマンディーが泳いでくるのに気付くのが遅く、ストラクチャーとバラマンディーとの距離が僅か50センチほど。しかも岸際から1メートル程。

なるべくバラマンディーを驚かさないよう、可能な限り距離をとってルアーをキャストしたかったが、せいぜい50センチくらいの距離を取るのがやっと。

そんなところにキャストすれば、結果は明白。

9マルバラは、ルアーの着水音に驚いて、水中へ。

下手です。

落胆しながら、もしや、と思い、淡い期待をかけて同じストラクチャーにキャストすると、いきなり、そいつが大きな口を開いて、水中から浮かび上がって、ルアーに、正面からバイト。

「出たぁ!!」

ぐっと、ルアーを真横にひったくったかと思うと、ストラクチャーの外に泳ぎ出た。

でも、ボマーのテールのフックが、かろうじてバラマンディーの口元に引っかかっているだけなのが一目瞭然です。

「微妙~」

「どうなる、9マルバラ?」と思ったとたん、ルアーがフッと口元から外れて、9マルバラは水中へ。

「--------。」

ま、釣りなんてこんなもんです。



午後2時以降は、潮が高すぎて、ほとんど釣りにならず、結局、この日は60アップが目いっぱい。

かなり厳しい釣りでした。

ちなみに、この日、出発の際、一番大きなバラマンディーを釣った方が夕飯をゴチになれる、というゴチバトルを開催することに急遽決定し、この日は、6マルアップを釣ったダイシが勝者に。

レベル、低すぎです。

でも、ダイシ、夕飯に400グラムのティーボーンステーキを美味そうにパクついてましたわ。

| 魚種:バラマンディ | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。