≫ EDIT

ウエイパ釣行 DAY3 「ゴチバトル、1敗1分け」




ゴチバトル2日目。

この日も、ハイリバーのチャネルへ。

開始早々、いきなりメーターオーバーが!!!








ルアーに何かが当たったと思った一瞬、なにやら真っ白なものが翻ったように見えたので、悪い予感がしたんですけどねェ。

でも、ファイト早々、後ろで見ていたガイドのジェイソンとダイシは、「これは確実にメータークラスだ!!」って騒いでるし、ファイトしてるこっちも、単なる思い過ごし?、なんて、一瞬、淡い期待を持ってはみたものの、バラマンディーのようなラインが水を切るような突然のダッシュもなく、もちろんジャンプも見せず。

後ろの二人も次第に「?????」な状況でした。

で、上がってきたのが、これ。

開始早々、盛り上げてくれました。

その後、昨日と同様、釣れるのは6マル前後のサイズばかり。

結局、この日はゴチバトルはドローゲーム

12112009-4.jpg

こんな小さなチャネルにまで入り込んで釣っては見るものの、めぼしいサイズのバラマンディーには出会えませんでした。

12112009-3.jpg

この日、身に着けていたのは、ごらんの短パン。

自宅での出発前夜、衣類を準備する際に、どうやら数え間違えたらしく、ズボンの数が1枚不足しているのが発覚。

前日の釣行で、あまりサンドフライもいなかったので、この短パンをはいてボートに乗ったのですが、まさかこんな風の当たらない、マングローブで覆われたような小さなチャネルに入るとは思いもよらず、結局、午後の3時間程、こんな場所で釣りをしました。

結果、足がサンドフライに刺されまくりボコボコに。

普段、あまりサンドフライを気にしないのですが、このときばかりは、虫除けを取り出して足に擦り込んでおきました。

ちなみに、ダイシが着用していたのは、このパンツ。

ジャパニーズ コンストラクション ワーカーに一番人気のトライチパンツ。

ヒップに 「TORA」 のマークが燦然と光り輝いてます。

オーストラリアのウエイパで釣りをした日本人アングラーで、トライチパンツをはいてバラマンディーを釣ったのは、たぶんダイシが初めてです。

シブイ。

12112009-1.jpg

この日、別のボートで出船してた日本人カップルの方は、95センチを筆頭に、9マルクラスを3匹。

確か、メーターオーバーのスレッドフィンサーモンも釣り上げてたような。

なんで?

| 魚種:バラマンディ | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

虫除け

Imag00021

先日、ヒンチンブルック島に出かけた日、天候は良かったのですが、雨季の合間の晴天で、ムッとするような湿気の多い日でした。おまけに霧が掛かるほどの無風状態でした。

こういう日は、バラフィッシングにとっては、最高のコンディションなのですが、サンドフライや蚊が多く出てくる日です。

サンドフライというのはマングローブ域に棲息するブヨの一種です。大きさは1ミリ程度で、よーく見ないと、停まっているのが解りません。おまけに刺されたときは、殆ど痛みも痒みの感じないので、気がつかないまま1日が終わるのですが、その日の夜くらいから痒みが始まり、1週間は続きます。

ですから、バラフィッシングの際は、暑くても、長袖、長ズボン、ソックスに靴、といういでたちが一番です。そうそう、黒系統の濃い色は虫が付きやすく、蚊やアブがすぐに停まります。なるべくライトカラーの衣類を選んでください。

虫除けは、日本で市販のものはあまり効きませんから、現地で購入してください。

「ブッシュマン」という超強力な虫除けもありますが、それがラインにつくとラインが溶けてしまう程の威力ですから、これはあまりお勧めではありません。(これの真偽の程は解りませんが、このあたりのフィッシングガイドは、ブッシュマンを付けると、かならず、「ラインが溶けるから手を洗え」とアドバイスします。)

私は写真の「RID」という製品を使っています。日焼け止めも兼ねていて、顔に塗っても大丈夫です。たいていのスーパーで売ってます。もし、購入を忘れても、ガイドがボートに常備していますから、それを借りてください。(たまに切らしていることもありますが)

現地ガイドは、私もそうですが、サンドフライに刺されても、30分程度で痒みがおさまるので、あまり気にしません。これって免疫とか出来てるのでしょうか?

でも、さすがにあまりサンドフライが多いと、そのポイントから逃げ出すこともあります。ヒンチンブルック島の裏側に「サンドフライクリーク」というポイントがあるのですが、シーズンになるとバラがよく釣れます。名前の通り、サンドフライが多くて、そこで釣りをするのは1時間が限界です。

| 魚種:バラマンディ | 10:26 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |