サラトガ @ マッカイ

0
今回、オッサン(俺のこと)がランディングしたサザンサラトガ。74センチ今回釣れたサラトガには、既にタグが打ってあり、過去の記録を確認してみると、今年の7月にタグを打たれた個体でした。...

サラトガ @ マッカイ

0
マッカイから内陸部へ移動すること、約2時間。ローカルガイドが案内してくれたポイントは、私有地の牧場のフェンスの中。人のアクセスの少ない私有地の中の川の方が、アングラーのプレッシャーも少なく、数も期待できるらしい。長年、付近を釣り歩いたローカルガイドだけに、現地の牧場のオーナーと良好な関係を保ち、私有地の牧場の中へも容易にアクセスできるらしい。このあたりは、マーレーコッドの釣り場の状況によく似ている...

サラトガ

0
片道10時間のドライブを終えて、2泊3日のスケジュールを終え、ケアンズに戻ってきました。現地での1日だけの日帰り釣行でしたが、無地、サラトガをゲット。過去に3度程、サラトガフィッシングに出かけてますが、今までのサラトガフィッシンングのとは大きく違った釣りでした。一言で言えば、「繊細」。バンクに添って、水面に浮くサラトガを見つけ、トップで攻める、視覚的にかなりエキサイティングな釣りでした。日中、サラトガが...

マッカイへ

0
これから、マッカイまで750キロ、9時間のドライブ。遠いワ。...

サラトガ

0
サラトガ。オーストラリアにはサザンサラトガとノーザンサラトガの2種類が棲息。上の写真は、ヨーク半島、アラクンで釣れたサラトガ、ノーザンサラトガ。下の写真は、ブリスベンの北、ボルンバダムで釣れたサラトガ、サザンサラトガ。よく見ると、色の違いがはっきり。オレンジ色の斑紋が、鱗の真ん中あたりにランダムに並ぶのが、サザンサラトガ。鱗の縁に、オレンジ色のラインができるのがノーザンサラトガ。アクアリストの間で...