≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イマカツ(イマだカってツれない)ルアー その2

14072009-2.jpg

ターポンをリリースした後、ダイシの、「このバンクを叩いてみましょうよ。」という提案で、バラマンディー狙いを続行。

ま、クイーンフィッシュは、まだ風が強く、外海の荒れ具合から、あまり期待もしていなかったので、ダイシの意見に素直に従う。(これって釣れない言い訳か?)

普段、こんな満潮の時間帯に、バンク打ちなんてまずやらないし、水が多すぎてダメだろうと思いながら、バンクに沿って移動していくと、意外や意外、ストラクチャーがいい雰囲気で水没していて、なんか釣れそうな雰囲気です。

そして、流れ込みの出口に、水面に枝を2、3本突き出して水中に沈んでいるマングローブを発見。

いい感じです。

そこで、正面にアンカーを入れて、粘ってみることに。

そこでの2投目。

ディープダイバーが丁度、ストラクチャーの真上を通りかかったときに、コン!!。

ズ、ズ、ズっとラインが引き出され、50アップのバラマンディーがジャンプ。

なんなく、船べりまで寄せてランディング。

ダイシもイマカツルアーで叩くものの、無反応。

1匹目をリリースして、その数投後、またもや、コン!!。

さっきと同じサイズのバラマンディーです。

14072009-4.jpg

このサイズで2匹居れば、ストラクチャーの中には、まだ何匹か隠れているはずです。

と、そこで、シャロー寄りのマングローブの根元近くにキャストすると、ス、ス、ス~ッと黒い影がルアーを追いかけてストラクチャーの影から出てきました。

ロッドティップを小刻みに動かして誘いを掛けてやると、パクッと加えて反転し、マングローブの隙間からストラクチャーの下に持って入ろうとしたので、ロッドを煽って魚を引きずり出そうすると、何故かフックが外れ、ルアーがマングローブにガッツリ。

オーマイゴッドですわ。

しょうがないので、ダイシにポジションを譲り、見学です。

でも、イマカツルアー、釣れません。

結局、ルアーを回収し、ポイントを移動しましたが、回収中にも1匹、逃げていくバラマンディーが確認できて、どうやら、このポイント、今年の冬の鉄板ポイントになりそうです。

その後、何故か、ダイシがマングローブジャックをランディング。

しつこく写真を撮れ、撮れ、とうるさいので、撮ってやりましたわ。

イマカツルアーを片手にした、この嬉しそうな顔、見てやってください。

14072009-5.jpg

潮もかなり動き始めて、クイーンフィッシュに淡い期待をかけて、河口周りでキャスティングしたのですが、まったく無反応に終わり、ダイシの頼みで、最後に、またバンクでバラ狙い。

そこでも全く無反応だったイマカツルアーの横で、私がマングローブジャックを追加して、ストップフィッシング。

(しかし、この写真、下手ですなァ。顔が切れてもいいから魚を大きく入れろって言ったのに、魚のサイズは中途半端だし、素直に顔が真っ二つですわ。ダイシ、写真のセンス、ゼロです。)

14072009-6.jpg

でも、半日で、この釣果、悪くないんじゃない?







モンスターバラマンディー釣行メンバー募集!!   

パプアニューギニアで20キロオーバーのモンスターバラマンディーを狙います。 残席2名

費用:1日A$1,000.00 
含まれるもの:釣行期間中の宿泊、食事、ボート使用料
期間:8月23日~27日 5日間

ニューギニア航空を利用すれば、8月22日成田発、8月29日成田着で直行便の利用が可能です。御希望の方は、釣行終了時のホテルも格安で手配可能です。

御希望の方は、こちらまで御連絡下さい。
スポンサーサイト

| 魚種:バラマンディ | 16:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イマカツ(イマだカってツれない)ルアー その1

14072009-3.jpg

月曜日の午後、いつものダイシから電話。

ダイシ:「明日、突然休みになって暇なんですわ。どこか出かけません?」

俺:「おまえねェ、突然、暇なんで、なんて言われてもねェ。」

ダイシ:「どうせ、暇なんでしょ?」

俺:「暇じゃねえよ。 (見透かされてるし)」

ダイシ:「ね、ちょこっとダケ?」

俺:「じゃあ、ちょこっとダケだぞ。(と、勿体つけた返事)」

ということで、午前中で仕事を片付け(たふりをし)て、お昼頃、出撃。

向かったのはマルグレーブリバー。

2時半が満潮で、スタートが1時。

満潮まで、時間があまりなく、潮も止まりかけている状態では、クイーンフィッシュなんて期待できないだろうと思い、前回、バラマンディーを逃がしてしまった岩場のバンクの前にアンカーリングして、その周辺を、

叩く、

叩く、

叩く、

沈黙。

「ここで投げてれば絶対釣れるから」、と豪語して初めてから、1時間、全くの無反応です。

ダイシ:「ホントに、ここで釣れるんですかァ?」

俺:「(ムッとしつつ)釣れるよ。」

ダイシ:「このイマカツルアー、魚がいれば、絶対にバイトしてくるはずなんですけどねェ。」

と、言いつつ逆光を浴びながら、自慢のイマカツルアーを手にして、不適な笑いを浮かべるダイシです。

が、実のところ、ダイシがこのイマカツルアーで魚を釣ったところを見たことがありません。

俺に言わせればイマカツルアーって、「いまってれないルアー」です。

過去にも、川底にひっかけたこのイマカツルアーを裸で入水して、回収してますが、そんなに価値があるとは思えません。

そして、あまりの反応のなさに嫌気がさして、足元に用意していたクイーンフィッシュ用のポッパーをちょいと反対側にキャストして、早巻きしながら、ダイシと無駄口を叩いて余所見をしているときに、突然、ゴン!!。

え、クィーンフィッシュ、いや、ちょっと小ぶりのGT?

あまり大きくはなさそうですが、いい引きしてます。

14072009-1.jpg

で、上がってきたのがこのターポン。

60センチ以上はある、丸々と太ったターポンです。

早巻きのポッパーにバイトするターポンなんて、初めて見ました。

船べりに寄ってきたときに、濁った水の中から大きな鱗がチラッと見えたときは、バラマンディーかと思いましたもの。

ここから、親父の快進撃が始まります。

| 魚種:その他 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。