≫ EDIT

今年のトーナメントスケジュール

ケアンズ、釣り-01062013-1



今年、ケアンズで開催されるトーナメントのスケジュール、ホームページにアップしました。

興味のある方は、こちらで確認を。

「ケアンズ、マーリンフィッシング」



リザード島のトーナメント、今年は10月12日~19日となってます。

このところ、マーリンのヘビータックルチャーターの問い合わせをいくつか頂いています。大潮前後の、釣果の期待できる日程は、殆どのボートに予約が入っている状況で、中には、シーズンを通して、全ての日程が埋まってしまっているボートもあります。

ちなみに、この写真のボート、45フィートのボートですが、このサイズのボートで、1日のチャーター代金は A$3,200.00 前後です。


ケアンズ、釣り-01062013-2


38フィート前後のボートで A$2,500.00 前後、60フィートクラスになるとA$5,500.00 前後くらいですか。

1000ポンド(430キロ)以上のマーリンが、かなりの確率で釣れるエリアは、世界中探してもケアンズしかなく、この時季は、世界中からアングラーが集まってきますから、ボートのチャーター代金もそれなりの値段です。

これを「高い」と考えるか「安い」と考えるかは、1000ポンド(430キロ)のマーリンにどれだけ価値を見出せるかどうかですが。

ボートは4名程度までは乗船できます。料金を頭割りすれば、そんなに高額でもありませんし、チャーター運行ですから、マーリントローリング以外に、GTのキャスティング、ジギングなどのアレンジできます。

通常、シーズン中は、1日の内、マーリンの食いが立つのは午後になりますから、午前中、GTフィッシングやジギングを楽しんだ後、午後、マーリンに集中すれば、十分に釣果は得られます。


どなたか、チャレンジしてみます?

| 魚種:マーリン(カジキ) | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リザードアイランドトーナメント、2日目

PA280036.jpg


トーナメント2日目が終了して、「 KING of LIZARD 」の異名を持つビル・ビルソンがキャプテンを勤めるバイキングⅡがトップです。

それに続いてケコア、カリプソと常連が上位を占めています。

ビル・ビルソンは、確か、過去2回か、3回ほど優勝経験があるはずですが、このところ、上位から遠ざかっていて、久しぶりの上位のように思います。

参加26艇で、1日目13匹、2日目12匹のマーリンがキャッチされています。最大魚は900ポンド(約400キロ)。

2日間で25匹のマーリンがキャッチされているわけですが、その殆どは、リボンリーフ No.10 での釣果です。この、僅か10キロに満たないリーフのすぐ外側に、これだけのマーリンが泳いでいるわけです。

世界中で、グランダーマーリン(450キロ以上のマーリン)に最も近い場所と言われ、世界中からアングラーが集まってくる所以です。

ちなみに、今年のトーナメントのエントリーチームは、オーストラリア、ニュージーランド、日本、中国、アメリカ、イギリス、ロシア、カナダ、スウェーデンとなっています。

中国からのエントリーは初めてのような?


riborn reef No.10

| 魚種:マーリン(カジキ) | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |